業績


著書


Michio Nakamura and Mai Sakai. 2014. Social Touch in Apes and Dolphins. (J. Yamagiwa and L. Karczmarski Eds. Primates and Cetaceans: Field research and conservation of complex mammalian societies). Springer. pp. 355-383. (査読あり)

酒井麻衣, 森阪匡通. 2013. 個体識別と行動観察に挑戦しませんか-生きものの暮らしを知る第一歩. (京都大学総合博物館企画展「海」実行委員会 . 海は百面相(WAKUWAKUときめきサイエンスシリーズ)). 京都通信社. pp. 169-170.

酒井麻衣. 2013. イルカは左利き?-野生イルカの行動研究からみえるもの. (京都大学総合博物館企画展「海」実行委員会 . 海は百面相(WAKUWAKUときめきサイエンスシリーズ)). 京都通信社. pp. 174-176.

酒井麻衣. 2013. ラビング.  (上田恵介, 菊水健史, 坂上貴之, 辻和希, 友永雅己, 中島定彦, 松島俊也 . 行動生物学辞典). 東京化学同人. p. 545.

酒井麻衣. 2013. ホイッスル(イルカの). (上田恵介, 菊水健史, 坂上貴之, 辻和希, 友永雅己, 中島定彦, 松島俊也 . 行動生物学辞典). 東京化学同人. p. 490.

酒井麻衣. 2012. イルカの社会の謎にせまる. (石浦章一 . 東大オープンキャンパス発 生命科学の未解決問題). pp. 96-106. 西村書店.

Mai Sakai. 2012. Social Contact and Synchrony in Wild Dolphins. (J. A. Jaworski . Advances in Sociology Research. Volume 11). pp. 97-110. Nova Science Publishers, NY.

酒井麻衣. 2012. イルカの社会行動を研究する. (村山司, 森阪匡通 . ケトスの知恵 イルカとクジラのサイエンス). pp. 129-147. 東海大学出版会.

学術論文(査読あり)

Yayoi M. Yoshida, Tadamichi Morisaka, Mai Sakai, Mari Iwasaki, Ikuo Wakabayashi, Atsushi Seko, Masahiko Kasamatsu, Tomonari Akamatsu, Shiro Kohshima. 2014. Sound variation and function in captive Commerson’s dolphins (Cephalorhyncus commersonii). Behavioural Processes 108:11-19. DOI: 10.1016/j.beproc.2014.08.017

Tadamichi Morisaka, Mai Sakai, Kazunobu Kogi, Akane Nakasuji, Kasumi Sakakibara, Yuria Kasanuki, Motoi Yoshioka. 2013. Spontaneous ejaculation in a wild Indo-Pacific bottlenose dolphin (Tursiops aduncus) PLoS One. 8(8): e72879. DOI:10.1371/journal.pone.0072879.

Mai Sakai, Tadamichi Morisaka, Mari Iwasaki, Yayoi Yoshida, Ikuo Wakabayashi, Atsushi Seko, Masahiko Kasamatsu, Shiro Kohshima. 2013. Mother–calf interactions and social behavior development in Commerson’s dolphins (Cephalorhynchus commersonii). Journal of Ethology. 31:305–313.

Kagari Aoki, Mai Sakai, Patrick J. O. Miller, Fleur Visser, Katsufumi Sato. 2013. Body contact behavior and synchronous dives in pilot whales. Behavioural Processes. 99:12-20.

草山太一, 池田 譲, 入江尚子, 陳 香純, 坪川達也, 武野純一, 酒井麻衣. 2012. 自己鏡映像認知への温故知新. 動物心理学研究. 62(1):111-124.

Mai Sakai,Ding Wang, Kexiong Wang, Songhai Li, Tomonari Akamatsu. 2011. Do Porpoises Choose Their Associates? A new method for analyzing social relationships among cetaceans. PLoS One 6(12): e28836. doi:10.1371/journal.pone.0028836

Mai Sakai, Leszek Karczmarski, Tadamichi Morisaka, Meredith Thornton. 2011. Reactions of Heaviside’s dolphins to tagging attempts using remotely-deployed suction-cup tags. South African Journal of Wildlife Research. 41(1): 134–138.

Mai Sakai, Kagari Aoki, Katsufumi Sato, Masao Amano, Robin W. Baird, Daniel L. Webster, Gregory S. Schorr and Nobuyuki Miyazaki. 2011. Swim speed and acceleration measurements of short-finned pilot whales (Globicephala macrorhynchus) in Hawai‘i. Mammal Study. 36: 55-59. 

Tadamichi Morisaka, Leszek Karczmarski, Tomonari Akamatsu, Mai Sakai, Steve Dawson, Meredith Thornton. 2011. Echolocation signals of Heaviside's dolphins (Cephalorhynchus heavisidii). Journal of the Acousical Society of America. 129: 449-457.

Mai Sakai, Tadamichi Morisaka, Kazunobu Kogi, Toru Hishii. & Shiro Kohshima. 2010. Fine-scale analysis of synchronous breathing in wild Indo-Pacific bottlenose dolphins (Tursiops aduncus). Behavioural Processes. 83: 48-53.

幸島司郎, 小林洋美, 久世濃子, 関口雄祐, 荒井一利, 酒井麻衣, 岩崎真里, 松林尚志, 喜安薫. 2008.飼育個体の観察から何がわかるか?:サル、イルカ、マメジカ、サイの事例から. 哺乳類科学. 48(1):159-167.

Mai Sakai, Toru Hishii, Shohei Takeda, & Shiro Kohshima. 2006. Flipper rubbing behaviours in wild bottlenose dolphins (Tursiops aduncus). Marine Mammal Science. 22: 966-978.

Mai Sakai, Toru Hishii, Shohei Takeda, & Shiro Kohshima. 2006. Laterality of flipper rubbing behaviour in wild bottlenose dolphins (Tursiops aduncus): Caused by asymmetry of eye use? Behavioural Brain Research. 170: 204-210.

Kathleen. M. Dudzinski, Mai Sakai, Keiko Masaki, Kazunobu Kogi, Toru Hishii., & Michio Kurimoto. 2003. Behavioural observations of bottlenose dolphins towards two dead conspecifics. Aquatic Mammals. 29: 108-116.

学術論文(査読なし)

森阪匡通, 酒井麻衣, 小木万布. 2013. イルカと泳ぐ~適切な「イルカ観」と持続可能なイルカスイムに向けて. ヒトと動物の関係学会誌. 35:23-27.

紀要(すべて査読なし)

酒井麻衣. ミナミハンドウイルカにおける社会と行動の研究の動向. 月刊海洋号外「ミナミハンドウイルカの生態」, 45(5): 267-276. 20135.

森阪匡通, 関口雄祐, 白木原美紀, 篠原正典, 小木万布, 高縄奈々, 正木慶子, 森恭一, 筒井浩俊, 打込南友子, 酒井麻衣, 幸島司郎, 吉岡基. 伊豆鳥島のミナミハンドウイルカ. 月刊海洋号外「ミナミハンドウイルカの生態」, 45(5): 232-238. 20135.

田仲美紅, 森阪匡通, 小木万布, 酒井麻衣, 森恭一. 御蔵島のミナミハンドウイルカのホイッスルにおける個体識別の可能性. 月刊海洋号外「ミナミハンドウイルカの生態」, 45(5): 288-292. 20135.

中筋あかね, 森阪匡通, 酒井麻衣, 小木万布, 堀道雄. 御蔵島周辺に生息するミナミハンドウイルカの生息場所利用. 月刊海洋号外「ミナミハンドウイルカの生態」, 45(5): 293-302. 20135.

森阪匡通, 酒井麻衣, 小木万布, 久保田信, 亀崎直樹. 伊豆諸島御蔵島周辺海域で観察されたアオウミガメによるクラゲ捕食. うみがめニュースレター89: 15-16. 20111231.

酒井麻衣. イルカの行動観察法メモ ーこれから観察を始める人へー. 勇魚, 54, 20116.

酒井麻衣. 行動研究者からみる子育て. 勇魚, 54, 20116.

酒井麻衣. 野生鯨類の社会行動に関する研究. 月刊「海洋」, 40(10): 585-589. 2008.

酒井麻衣. ミナミハンドウイルカの社会行動に関する研究. 勇魚, 47:47-51, 200712.

酒井麻衣. つれづれ御蔵島イルカ調査日記. 勇魚, 39:51-53, 200312.

酒井麻衣. 野生ハンドウイルカ(Tursiops sp.)における非敵対的接触行動の行動学的研究. 勇魚, 36, 20026.

一般向け文章など(すべて査読なし)

酒井麻衣. 2011.ミニシンポジウム記録 海洋動物の群れを考える社会性・生態・遺伝子の視座から2.イルカの社会行動. 日本水産学会誌. 77: pp118.

酒井麻衣. イルカは左利き? ネクストコム. 20139.

酒井麻衣. イルカのふれあい行動. いるかいないか: 御蔵島ミナミハンドウイルカ個体識別帳. 御蔵島観光協会発行. 88-89, 201011.

島民・賛助会員向け月刊新聞「いるかいないか」. 御蔵島観光協会発行. 200812月より現在までイルカの研究に関するコラムを連載中.

酒井麻衣. 御蔵島のミナミハンドウイルカ‐野生のイルカを泳いで観察する. SOS SAVE OUR SEA  No.180 (海の博物館 NL), 20071.

外部資金(科研費・助成金・受託研究費・共同研究費等)の獲得実績

平成24年度科学研究費補助金「特別研究員奨励費」(3年間).イルカはなぜ左利きか?その要因の探究.

京都大学野生動物研究センター平成23年度共同利用・共同研究(1年間). イルカの子育てをめぐる社会関係の研究.

平成23年度笹川科学研究助成(1年間).野生イルカの個体関係・行動データベースの構築-社会解明への長期継続調査へ向けて.

平成23年度科学研究費補助金「若手研究(B)」(2年間, 1年で廃止).イルカは左利き-その根源を探る.

平成20年度科学研究費補助金「若手研究(スタートアップ)→研究活動スタート支援」(3年間, 中断含む). 接触と同調のコミュニケーション研究-海洋動物イルカの視点から.

Japan-China Biologging Science Symposium, Travel Grant (平成1911). An ethogram for the finless porpoise (Neophocaena phocaenoides) derived from datalogger measurements.  

16th Biennial Conference Student Travel Grant, the Society of Marine Mammalogy (平成1712). Synchronous breathing in wild Indo-Pacific bottlenose dolphins (Tursiops aduncus): a preliminary analysis.

平成17年度科学研究費補助金「特別研究員奨励費」(3年間). 小型ハクジラ亜目における社会行動に関する研究.

平成14年度公益信託乾太助記念動物科学研究助成基金(1年間) . 野生ハンドウイルカにおける接触を伴う行動に関する研究.

財団法人理工学振興会平成14年度研究助成金(1年間). 野生ハンドウイルカ(Tursiops sp.)における非敵対的接触行動の行動学的研究.

賞罰

Editor's Choice Award 2013, Journal of Ethology